水のパワーで、らくらくエクササイズ
1.マッサージ効果

プールにはさまざまな水流が起きています。
この水流が身体をくまなくマッサージしてくれるので、血流の循環がよくなり、筋肉がリラックスして、故障がおきにくい安全な状態を保つことができます。
 
2.関節を痛めない

水には浮力があります。
みぞおちまで入ると、なんと体重が30%に!
この浮力効果で、水が身体を優しく支えてくれるので、関節を痛めにくいのです。
 
3.脂肪が燃える

体温よりもプールの水温は低くいので、身体は体温を保とうとしてエネルギーを使います。
その結果、血流が活発になって代謝がよくなり、脂肪が効率よく燃焼されます。
 
4.免疫力アップ

身体にはホメオスタシスという健康を保つ機能があり、水中運動はその機能をより高めます。
冷たい水に入ると自律神経が刺激され免疫力がアップします。
 
5.酸素が全身に行き渡る

水に入ると水圧によって息苦しさを感じます。
水圧を感じると、無意識に努力呼吸を始めるため、酸素が身体のすみずみに行き渡るのです。
脂肪も効率よく燃焼されます。
 
6.血液・リンパ液の流れがよくなる

水圧は深くなるほど強くなり、足がいちばん水圧を受けます。
ふくらはぎは第二の心臓と言われ、血液を心臓に戻すポンプの働きがありますが、水圧がこの働きを助けます。
 
7.ストレッチ効果で身体が柔軟になる

水には抵抗があり、水中で身体を少し動かすだけで負荷がかかり、効果的な筋力トレーニングになります。
また浮力が身体の動く範囲を広げてくれるので、楽にストレッチができるのです。
[BACK]
copyright(c)PLAISIR All Rights Reserved.